自動収穫が可能になる日は近い!? 最新ロボットで叶える農作業イノベーション! | AGRI JOURNAL | qrop

自動収穫が可能になる日は近い!? 最新ロボットで叶える農作業イノベーション! | AGRI JOURNAL

収穫ロボットの 実証実験に協力 佐賀県太良町で、高品質ブランド「森のアスパラ」の生産に携わる安東浩太郎さんは、昨年10月より、自動野菜収穫のサービス提供とロボット開発を手掛ける「inaho株式会社」の実証実験に協力している。ロボットは圃場の畝の間を自動運転で進みながら、収穫に適したアスパラガスを選んで自動収穫する機能をもつ。安東さんは、実用化できる日も近い、と期待を寄せる。 「実証実験に参加した当初、収穫スピードは30秒間に1本程度でしたが、今年に入ってから15秒間に1本と、およそ半分にまで縮まりました。幅も10cmほど縮まり、狭い畝の間を動き回れるサイズになりましたね」。 アスパラガスの収穫...

元記事を読む