ジャガイモ農家の執念! 「品種改良の夢」を追い続けた名門農家の足跡 | AGRI JOURNAL | qrop

ジャガイモ農家の執念! 「品種改良の夢」を追い続けた名門農家の足跡 | AGRI JOURNAL

ジャガイモ栽培は 病害防除が難しい ジャガイモはいまや日本で日常的な食材だが、もともとは中南米の作物で、日本に本格的に導入されたのが明治維新ごろと意外にも歴史が浅い。北海道と九州が主産地だが、日本の風土に合いにくいことから、栽培農家は土壌細菌由来の病害に慢性的に悩んでいる。防除策として薬剤を使うが、これが環境破壊や食品不安を招いている。 夢を追い続けた ジャガイモ農家 日本の風土にあった品種を開発し、安全・安心なジャガイモ栽培を広めたいという壮大な夢を追いながら、昨夏、孤独に死を迎えた農業者がいる。俵正彦さん。享年63歳。俵家は武家の流れをくむ長崎県島原半島の名門農家で、正彦さんは19代目だ。...

元記事を読む