地域に根差した地域活性事業を目指して GM7 丸森町で『農業生産事業』を9月から開始  ヒマワリ・リコリス・キャッサバを栽培 | 農業メディア│GROWRICCI | qrop

地域に根差した地域活性事業を目指して GM7 丸森町で『農業生産事業』を9月から開始  ヒマワリ・リコリス・キャッサバを栽培 | 農業メディア│GROWRICCI

パソナグループの株式会社VISIT東北の子会社で、宮城県丸森町の地域商社事業や観光推進事業を展開する株式会社GM7(本社:宮城県丸森町、代表取締役 齊藤良太)は、同町の活性化を目的に、2020年3月までに農業生産法人の設立を目指し、今年9月から本格的に農業生産事業を開始します。 ヒマワリの栽培風景 タピオカの原料となるキャッサバ GM7がこれまで携わってきた特産品の販路拡大や観光コンテンツ開発をはじめ、地域資源を活用した様々な取り組みにとって、農業振興は欠かすことのできない重要なテーマの一つであり、丸森町の魅力を伝える最大の方法です。一方、近年の担い手不足や遊休地の増加、鳥獣害被害の拡大等、丸...

元記事を読む